神様に導かれて夏休みに沖縄で天国賛美のレコーディングを
することになったの。
 
 
1日で15曲とナレーションを撮る予定だったから、
時間は無駄にできない。
だからね、何かあったら、直ぐに悔い改めたり、感謝したりして、
気持ちを切り替えて心からの賛美できるように毎日練習したよ。
 
 
 
29日、いよいよレコーディング当日、皆で神様にお祈りして始めたよ。
 
「ありがとう 大好きな神さま」は沖縄のお兄さんたちと
一緒に賛美したの。
お兄さん達はそれぞれ困難な状況の中でも神様を選んで
レコーディングに来てくれた。うれしかった。
 
「天国にはいろんな場所がある」は千葉から来たSちゃんと
一緒に賛美したよ。
一緒に賛美できて、一晩一緒に泊まれて、楽しかった。
 
レコーディングする曲が沢山で大変だった。
疲れてきたり、声が枯れてきたら涙が出てきた。
でも、この為に沖縄に来たから、直ぐに気持ちを切り替えて
神様のためにがんばったよ。
 
1日目は8時間以上がんばって、10曲と
ナレーションを全部レコーディングしたんけどね、
そっちゃんもとってもがんばったけど、
とうとう声が出なくなっちゃって、
残りの5曲は次の日にレコーディングすることになったよ。
 
 
 
次の日は日曜日、礼拝終わって3時頃からまたレコーディングをしたよ。
残り5曲、最後まで1曲1曲心を込めて賛美したよ。
 
とうとう夜の8時くらいに全ての曲とナレーションを
レコーディングし終わったの。
ピアノ伴奏をしてくれたCさんの手にも、私やそっちゃんの手にも
キラキラ金粉がついていたんだよ。
 
神様が最期までがんばる力を下さった。
本当にハレルヤ!!感謝します!!
 
 
 
〜出来上がったCDの音源を聴いて〜(マナちゃんの母 コメント)

レコーディングした音源を

整えてもらったものを聴きました。

最初は、音やテンポのズレなど

技術的なことばかりが気になり、

どうしよう、これでいいのかな?

やり直しかな?

という思いで悩みました…。

 

しかし、私の思いの中にエルサレムの街中を

十字架を背負いながら、倒れてもまた起き上がり

ゴルゴダへ向かうイエス様のお姿が現れました。

これは何の意味だろう?

としばらく神様に祈っていました。

 

イエス様は全ての人の罪を負い、十字架につくという

ご自身の使命を全うされる中で、

茨の冠をかぶらされ、刺のついた鞭を打たれ、

十字架を背負い歩まれた。

伝承によって三度倒れられたと伝えられていて、

エルサレムのヴィア・ドロローサ(苦難の道)には

その場所はモニュメントになって記されているという。

イエス様は一瞬たりとも悪魔に屈したことはありませんが、

当時、イエス様を十字架につけることを賛成した人々は、

目に見えることだけで、

「救い主ならもっとしっかりしろ!!なんてざまだ!」

とあざけり笑ったかもしれません。

 

しかし、イエスキリストは圧倒的な勝利者であり、

御国の王であり、私達の救い主として

その使命を全うして下さいました。

十字架上で語られたイエス様の御言葉の全てが

圧倒的に闇に打ち勝たれた勝利者の言葉でありました。

父なる神様はイエス様に

「もっと格好良く倒れることなく完璧に歩む為に

もう一度やり直しなさい。」

などとは決して決して言われない。

 

そのことを思いめぐらしていると、

これでいいんだ。

このCDは人に聴かせる単なるお歌として歌ったのではない。

これは子供達の、ピアニストの、また祈りつつ側で

見守っていた私の信仰告白だ!

ナレーションの一言一言、賛美の一言一言が

心を込めて神様に捧げた礼拝であり、

信仰の告白であり、

神様はそれで良しとされて

すでに受け取ってくださっている

はっきり分ったのです。

 

ピアノと子供達の声だけという賛美、

何も隠すこともごまかすこともできない。

神様に受け取られている確信を持って

再びCDを聴いてみた。

確かに大丈夫、これでいい!

一切の不平不満、否定的な思いを抱くことなく

捧げられた一人一人の神様への愛の告白であり、

感謝の思いからの心からの賛美でした

 

次の朝、再び神様に祈りました。

「神様、今回のCDどうですか?

神様、あなたのお気持ちを教えてください。

みことばを下さい。」

 

すると、新約聖書第7番目の章の13節を示されました。

開いてみると第一コリント13章13節でした。

 

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。

その中で1番すぐれているのは愛です。

 

神様は私の心にはっきりと語って下さいました。

「あなたがたが愛と信仰を持って捧げたこの賛美を、

私は永遠に喜んでいるよ。と。

 

 

ずっと祈っていて下さった方々、

色々な形で力を貸して下さり、

ご協力して下さった方々に心から感謝しております。

神様の豊かな祝福が益々ありますように!

 栄光在天!         

 
 


 

私たちの主、主よ。あなたの御名は全地にわたり、なんと力強いことでしょう。

あなたはご威光を天に置かれました。

あなたは幼子と乳飲み子たちの口によって、力を打ち建てられました。

それは、あなたに敵対する者のため、敵と復讐する者とをしずめるためでした。

      詩編8:1、2

 

 

引用聖書 新改訳©1970,1978,2003新日本聖書刊行会   許諾番号3-2-428