光り輝いている天国

 

 天国は神様の栄光に満ちあふれ、明るくて全てがキラキラ輝いているよ。宝石も沢山あって、純金の道や宝石でできた建物、家具や服や楽器、小物などにもきれいに飾りが付いている。

 この地上で神様を愛して、人を沢山愛して、赦して生きていくと、天国に沢山プレゼントや祝福が用意されているんだよ。流した涙も神様は全部覚えていて下さり、天国では全てが祝福に変えられるの。

 

ヨハネの黙示録21:11

都には神の栄光があった。その輝きは高価な宝石に似ており、透き通った碧玉のようであった。

 

ヨハネの黙示録21:21

また、十二の門は十二の真珠であった。どの門もそれぞれ一つの真珠からできていた。都の大通りは、透き通ったガラスのような純金であった。

 

ヨハネの黙示録21:23〜25 

都には、これを照らす太陽も月もいらない。というのは、神の栄光が都を照らし、小羊が都のあかりだからである。諸国の民が、都の光によって歩み、地の王たちはその栄光を携えて都に来る。都の門は一日中決して閉じることがない。そこには夜がないからである。

 

マタイの福音書6:20

自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。

 

 ある晩、天国に行くと「ようこそ!」とイエス様と天使が迎えてくれて、宝石工場に連れてってくれたよ。 

工場の回りはお花畑で、最初にでっかい門があってね、工場の中に入ると沢山の空間に分かれていて、それぞれの部屋の上に、そこがどんな場所か、どんなものを作っているかが書いてあったよ。

 

 最初に宝石を加工して、冠やアクセサリーなどを作るお部屋に行ったらね、色やサイズ別に沢山の宝石があったよ。

 

 天使が「まず、原石を取りに行きましょうと言って、天国の遠い森の中に行くと大きな洞窟があったの。洞窟の中には、上にも横にも下にも、色々な色の宝石の原石がチクチクしたハリネズミの背中みたいに生えてね、色々な色の氷みたいで、とにかく、きれいだったよ。

 

 天使は、まず、原石の取り方を教えてくれたよ。天使の腰のベルトに付いていた小さい小袋の中からキラキラした粉を取り出して、「見本を見せますね」と言って、取りたい原石に粉をパラパラかけると、手で原石をくるっと回して、ポンッときれいな音がして取れたの。原石は大きいもので、取りやすいもの、長細いものを選ぶといいと選び方も教えてくれたよ。

 皆で挑戦して、沢山取ったのだけど、私が取った一番いいのは、大きい大根くらいの大きさ!宝石を籠に山盛りに取ったら、天使が「じゃあ、この原石を磨いて宝石を作りましょう。」と言って、工場に戻ったんだよ。

 

 宝石の部屋に戻ったら、イエス様がおられてね、イエス様は他の新前の天使に磨き方を教えていたの。原石の回りに付いている別の石などを、先っぽに丸いドリルが付いた道具できれいにするよ。そしてね、皆、それぞれ、どれくらいの大きさの何を作りたいかを考えたの。

 

 妹は、宝石のビーズを沢山作って、ブレスレットを作りたい。

私は、十字架が石の中に入っている宝石で、ペンダントを作りたい。

ママは、天使にダイヤモンドの指輪を勧められてそれを作ることに。

パパは、ベルトにキラキラした宝石をちりばめたい。

イエス様は、宝石の十字架を作りたい。

そして、天使に手伝ってもらいながら自分で作ったんだよ。

 

イザヤ61:10

わたしは主によって大いに楽しみ、わたしのたましいも、わたしの神によって喜ぶ。主がわたしに、救いの衣を着せ、正義の外套をまとわせ、花婿のように栄冠をかぶらせ、花嫁のように宝玉で飾ってくださるからだ。

 

ヨハネの黙示録21:18〜21

その城壁は碧玉で造られ、都は混じりけのないガラスに似た純金でできていた。

都の城壁の土台石はあらゆる宝石で飾られていた。第一の土台石は碧玉、第二はサファイヤ、第三は玉髄、第四は緑玉、

第五は赤縞めのう、第六は赤めのう、第七は貴かんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉、第十は緑玉髄、第十一は青玉、第十二は紫水晶であった。

また、十二の門は十二の真珠であった。どの門もそれぞれ一つの真珠からできていた。都の大通りは、透き通ったガラスのような純金であった。

                             次へ   

 

  

 



 

私たちの主、主よ。あなたの御名は全地にわたり、なんと力強いことでしょう。

あなたはご威光を天に置かれました。

あなたは幼子と乳飲み子たちの口によって、力を打ち建てられました。

それは、あなたに敵対する者のため、敵と復讐する者とをしずめるためでした。

      詩編8:1、2

 

 

引用聖書 新改訳©1970,1978,2003新日本聖書刊行会   許諾番号3-2-428