殉教者の冠

 

 ある時、天のお父さんが「見せたいものがあるんだよ。」って言われて、ついて行くと、金の門を通り、低い木に囲まれたお花畑に着いたの。そこに、宝石でできた台があって、その上にワイン色のクッションがあって、その上に殉教者の冠があったの。

 お父さんは「この冠をよく覚えてね。」と言われたので、「わたしが何でですか?」と聞くと、「残された人達の為に書く手紙に、この絵を載せてほしいんだよ。」って。

それで、「よーく覚えました。」と言ったら、イエス様が、「じゃあ、描く練習しようか。」と言って、描く練習をしました。

 「獣の刻印を受けると天国に行けない。そうすると、わたしも悲しいから、絶対に受けないようにしてね。」って言われたの。

 

  天のお父さんが残された人の為に書くお手紙の中に書いてほしいみ言葉。

 ヨハネの黙示録13章16〜18

また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧しい者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手かその額かに、刻印を受けさせた。また、その刻印、すなわち、あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれも、買うことも、売ることもできないようにした。ここに知恵がある。思慮ある者はその獣の数字を数えなさい。その数字は人間をさしているからである。その数字は六百六十六である。

 

ヨハネの黙示録19:20 

すると、獣は捕えられた。また、獣の前でしるしを行ない、それによって獣の刻印を受けた人々と獣の像を拝む人々とを惑わしたあのにせ預言者も、彼といっしょに捕えられた。そして、このふたりは、硫黄の燃えている火の池に、生きたままで投げ込まれた。

                      

                            次へ

 



 

私たちの主、主よ。あなたの御名は全地にわたり、なんと力強いことでしょう。

あなたはご威光を天に置かれました。

あなたは幼子と乳飲み子たちの口によって、力を打ち建てられました。

それは、あなたに敵対する者のため、敵と復讐する者とをしずめるためでした。

      詩編8:1、2

 

 

引用聖書 新改訳©1970,1978,2003新日本聖書刊行会   許諾番号3-2-428