ハネムーン 〜花嫁の天国ツアー〜

  

小羊の婚姻の後には、花嫁天国ツアーがあって、それはハネムーンの様なものだって。何カ所か体験させてもらったので、紹介するね。イエス様は優しいから色んな所に連れてってくれて、個人個人でも行きたい所があってリクエストすれば、イエス様は連れてってくれるよ。

 私が「ピクニックに一緒に行きたい。」と言ったら、「いいよ!。」って言ってくれたり、「森で一緒に鳥さんにエサをあげたい、遊園地で一緒に観覧車に乗りたい。」って言っても「いいよ!」って言ってくれて、イエス様はとっても優しい。

 

 まずロープウェイに乗ったよ。天国子ども賛美に出て来る山のロープウェイとは違う場所で、もっと高いお山に行ける花嫁さんとイエス様が一緒に乗る為のロープウェイ。

いろんな色のロープウェイがあって、水色のに乗せてもらったよ。イエス様は望遠鏡のような物を貸してくれて、「あそこに天使がいっぱい見えるよ。」「あそこの湖はカヌーが浮かんでいるでしょ。そのカヌーには色々なしかけがしてあって、一番下のところは透明になっていて、水の中が見える様になっているんだよ。」と教えてくれたよ。

頂上に設置してある望遠鏡で私の家を見てみたら、猫のココアとチョコが、他のペット達を連れて来てバイバイってしてた。

それから、天使がかごを持って飛んで来てね、そのかごの中には、マリアさんからの差し入れの干しイチジクが入っていたよ。

 

いつも主に喜ばれる〜♪ 色んな事をしながら ♫

今日来られるかもと〜 主を待ち望んでいる〜♫

 

 イエス様はこの賛美を思い出しながら賛美して、「いつも備えていてね」と言われたよ。

 また別の日には、イエス様と一緒に可愛い飾りを手作りする場所に行ったの。そこにはイエス様がお作りになった色んな種類の鳥さんの人形があってね、その中から好きな種類の鳥さんを1つ選んで、自分で作った鳥さんと合わせて、自由に飾りを作ったよ。

 

妹は雀を選んで、イエス様の雀と妹の雀が籠の中に仲良く並んでいるのを作ったよ。

私はインコを選んで、丸いリースの上に1羽と下に1羽つけて見つめ合っている飾りを作ったの。

ママはカナリアを選んで、2羽のカナリアが止まり木に並んで、くちばしをチュってしているのを作ったよ。

パパは猫の頭の上に、鳩さんが2羽並んでいるのを作ったよ。

イエス様は湖みたいな置物に、白鳥が飛んで来た所を作ったんだよ。

 

 宝石とかも付けて、きれいな飾りに自由に作れて、とっても楽しい所だよ。作った物は天国のお家に飾っておいてくれるし、また、本当に花嫁のツアーで来た時に、もう一回作れるよって言われたから、とっても楽しみ。

 イエス様が「携挙されて、天国に来たら、又いつでも遊べるよ。

だから、皆に天国は楽しい所だよって伝えてね。」と言われたよ。

 

 またある日には、花嫁のツアーの時に行くお花畑に行ったよ。イエス様がここで草花の指輪を作ったり、冠を作ったりしようねって。

 そこで、イエス様が皆にお花の冠を作ってくれ、みんなは指輪を作ったんだよ。こんなネックレスのやり方もあるよって、イエス様がタンポポのお花と茎を使って、素敵なネックレスの作り方を教えてくれたの。天国では手にもどこにもタンポポの汁は付かなかったよ。

 近くには川も流れていて、そこに、詩篇1篇の…水路のそばに植わった木のようだ…という御言葉があったよ。そして、川沿いには本当に立派な木が何本も並木のように立ってた。その川には魚やきれいな貝もいてね、私達はそこで川遊びをしたよ。イエス様はお花を摘んで川に浮かべたり、笹舟をつくって流したりしてくれたよ。

 

詩篇1:1〜3

幸いなことよ悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。

まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。

その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。

 

 それから聖書の雅歌をテーマにした雅歌カフェに行ったの。

いちじく、ぶどう、ざくろ、なつめやし、菖蒲、アロエなど、お庭には雅歌に出て来る木や植物が植わっていてとってもきれいなお庭。茨の中に咲いているきれいな金色のユリの花の下には、宝石が敷き詰められている。湧き水の井戸もあったよ。

 かもしか、やぎ、羊など、雅歌に出て来る動物達と触れ合うこともできるんだよ。

 地上でも私が大好きな蜂蜜牛乳と、クッキーや香油の様にいい香りのジュース、ぶどう酒、その他にもメニューは沢山あるよ。となりには、香油や、イエス様の絵が置いてあるショップもあったよ。

 

雅歌2:11〜13 

ほら冬が過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。地には花が咲き乱れ、歌の季節がやってきた。山鳩の声が、私達の国に聞こえる。いちじくの木は実をならせ、ぶどうの木は、花をつけてかおりを放つ。わが愛する者、美しい人よ。さあ、立って、出ておいで。

                            次へ



 

私たちの主、主よ。あなたの御名は全地にわたり、なんと力強いことでしょう。

あなたはご威光を天に置かれました。

あなたは幼子と乳飲み子たちの口によって、力を打ち建てられました。

それは、あなたに敵対する者のため、敵と復讐する者とをしずめるためでした。

      詩編8:1、2

 

 

引用聖書 新改訳©1970,1978,2003新日本聖書刊行会   許諾番号3-2-428