ステパノさん

 

 ある時、道を歩いていたら、ステパノさんに会って、ステパノさんのお家に招待してくれたの。行ってみると、イエス様のお家のすぐ隣りにあり、外観はキラキラとした金色の十字架形の家で、一番上に王冠が付いて、宝石も埋め込まれていたよ。お家の中で殉教者の冠を見せてもらったの。とても、でっかくて、王様がかぶるような冠。

ステパノさんは初めて天国に来た時に、神様、イエス様、聖霊様、天国の皆がパーティーをして祝福してくれたんだって。

ステパノさんは葡萄ジュースやイスラエルの料理を出してくれたの。

私は心の中で、ステパノさんが殉教する時、どんな感じだったのかなと思っていたら、ステパノさんが「何か質問がある人は言っていいですよ。」と聞いたの。えっ、じゃあ、ステパノさん、殉教する時どんな感じでしたか?」て聞いたら、「とっても、嬉しかったよ!神様に私は霊(たましい)を委ねていて、天国に行けるって分っていたから、うれしかったんだよ!」と言われたよ。

使徒の働き7:55〜60

しかし、聖霊に満たされていたステパノは、天を見つめ、神の栄光と、神の右に立っておられるイエスとを見て、こう言った。「見なさい。天が開けて、人の子が神の右に立っておられるのが見えます。」人々は大声で叫びながら、耳をおおい、いっせいにステパノに殺到した。そして彼を町の外に追い出して、石で打ち殺した。証人たちは、自分たちの着物をサウロという青年の足もとに置いた。こうして彼らがステパノに石を投げつけていると、ステパノは主を呼んで、こう言った。「主イエスよ。私の霊をお受けください。」そして、ひざまずいて、大声でこう叫んだ。「主よ。この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って、眠りについた。

 

コリント人への手紙 第一9:25 

また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。

                            次へ

 



 

私たちの主、主よ。あなたの御名は全地にわたり、なんと力強いことでしょう。

あなたはご威光を天に置かれました。

あなたは幼子と乳飲み子たちの口によって、力を打ち建てられました。

それは、あなたに敵対する者のため、敵と復讐する者とをしずめるためでした。

      詩編8:1、2

 

 

引用聖書 新改訳©1970,1978,2003新日本聖書刊行会   許諾番号3-2-428